シェアオフィスについての情報が満載です!

バーチャルオフィスとシェアオフィスの違い

バーチャルオフィスとシェアオフィスの違い バーチャルオフィスとシェアオフィスの違いですが、バーチャルオフィスはオフィスを構える必要性が無く利用目的としてはその場所の提供先の住所、または電話番号と言った物を提供してもらうサービスのことを指します。
オフィスを所有するのではなく、オフィスがあるとされる住所と電話番号を借りて事業をするために使用しますのであくまで会社等の事業を行うための一時的な架空のオフィスであるということです。
一方シェアオフィスは実店舗として機能するオフィスを一時的に借りて利用するのですが、自己所有するのではなくその場限りと言った具合に一時的利用です。
その為、一つのオフィスには多くの方が時間を指定しレンタルするのがシェアオフィスの特徴でレンタルオフィスと言う呼び方をすることもあります。
バーチャルなものと異なり実際に人に会いオフィスとして使用することが目的になり、時間を指定して一時的に借りるオフィスです。
シェアと名がついている理由はそこにあり長期間借りるのはではなく、一時的に短期間借りるオフィスのことをシェアオフィスと呼び、バーチャルとの違いは、実際にオフィス候補となる場所を借りるか借りずに住所と電話番号のみを使用して商売に使用するかと言う差であるということです。

シェアオフィスとバーチャルオフィスの活用例

シェアオフィスとバーチャルオフィスの活用例 パソコンをメインに使う業種が増えてきており、パソコンさえあれば業務を遂行できるビジネスにおいてシェアオフィスとバーチャルオフィスが活用されるようになってきました。
シェアオフィスは、自社だけのオフィスを持たずにレンタルオフィスを他社と共有して使う形式です。
自社がない状態なので不安な面もありますが、しかし最低限必要な会議室やネットなどの施設はあるため、問題なく業務を行える形でもあります。
自社ビルでもない限り、ビルのフロアを借りているのとそれほど変わらないと考えることもできます。
バーチャルオフィスはさらに規模の小さいもので、活用例としては個人事業主や合同会社など、ほぼ一人でやっている会社が、住所だけちゃんとしたものを持っていたい時に利用されるバーチャルなオフィスです。
作業するスペースはなく、実際に仕事はできない場合が多いです。
しかし郵便物や電話の転送などを行ってくれるサービスもあり、形として体裁を保つ意味では一部の人たちに有益なサービスと言えるでしょう。

新着情報

◎2021/3/17

注意しておくべきこと
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

効果的なオフィスの条件
の情報を更新しました。

◎2020/10/13

シェアオフィスの選び方
の情報を更新しました。

◎2020/08/31

サイト公開しました

「シェアオフィス 利用」
に関連するツイート
Twitter